気分転換の得手不得手

気落ちしてしまうような事件が起こることは職場ではよくあることであり、人との関わり合いだけでなく、命にも関わることが多い医療の職場では特にその傾向は強いのが事実です。そのときには気落ちした気分をうまく切り替えていくことが必要になるでしょう。

しかし、気分転換には得手不得手があるものであり、一度落ち込んでしまうと何をやっても簡単には気分を元通りに戻すことができない人もいます。ちょっと甘いものを食べたり、伸びをしたりするだけで気分を入れ変えられる人もいるのに対して、何日も引きずってしまって休みの日を何日も経てようやく気分が元通りになる人もいるのです。気分転換にどうしても時間がかかってしまう人であれば、一日を費やしてでも一度に気分を切り替えられるようにすることを目指すと良いでしょう。

一日を費やした気分転換として、日帰り旅行やショッピングに出かけたり、遠くにある有名レストランで食事をしたり、散歩に出かけたりすることが理想です。それを実現するためのポイントとして職場選びの時点から考えておきたいのが有給のとりやすさです。気分を高揚させることが必要になったときにできるだけ速やかに有給がとれれば、比較的容易に気分転換して仕事に戻れます。自分をうまくコントロールしていくために必要なこととして、仕事探しの際には十分に気を払っておく必要があると留意しておきましょう。仕事を長く続けるためには、プライベートとのバランスを取ることが一番大事なのです。