仕事を引きずらないために

仕事ができる人はオンとオフの切り替えも上手く、上手に気分転換をしているものです。休日や仕事が終わってからは勿論、出勤日でも休憩時間の過ごし方において、心身共にリフレッシュする工夫が大切といえるでしょう。

上手にリフレッシュできている人のいい例として、例えばなかなかうまくいかない作業があったとしても、休憩時間はスパッと切り替えて美味しい物を思い切り食べる姿が見られます。仕事の煩わしさを引きずらずに、休憩は休憩で食べることに熱中することで、休憩後にまた仕事に集中することができるのです。休憩時間に人目も気にせず、昼寝をする人もいます。これもまた仮眠を取ることで心身の疲れが緩和して、休憩後に体力や集中力が戻ります。つまり、上手に休憩を取ることは、仕事の効率を良くすることにもつながるといえるのです。

それは休日も同様であり、気分転換が得意な人は趣味にスポーツにしっかりと遊びます。仕事で悩みを抱えていても、休みは休みなのです。時間を作ってマラソン大会に出たり、日帰りでも小旅行を計画してみたり、友達と合コンに出かけたりして、好きなことをして楽しむことが大事なのです。プライベートが充実すれば、それだけ休み明けからまた仕事を頑張れるものです。気分転換が上手な人の事例として、何かしら打ち込めるものを持っている人が多いように感じます。何かに夢中になる時間を持つことで、ストレスも発散できます。楽しく働くために、何か打ち込める楽しい趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。